金融機関が破綻したときには、自分の財産はどうなるのかと言うことが問題となるのですが、この扱いはそれぞれで異なります。例えば、銀行の場合には、普通預金や定期預金は預金保護制度によって一定の金額までは守られます。それを超えた分に対しては守られません。この点については把握しておく必要があります。無利息預金であれば全額が守られます。
証券会社の場合には、たいていは分別管理がなされています。ですから、資産を保管している会社が倒産しない限りは大丈夫です。資産を管理している会社としてはたいていは信託会社があります。信託会社がもしも倒産した場合であっても、投資家の資産は優先的に守られることになっていますから、この場合にも資産は守られることが多いです。
このように、色々な方法で投資家を守る方法が考えられています。ただ、ずさんな業者がないわけではありません。特に、無目なファンドなどはずさんな管理を行っていることもあります。管理がずさんだと、倒産したときに預けている資産が失われてしまう可能性があります。ですから、預ける時点で、保有している資産がどのようにして管理されているのかを把握しておくことは必要となってきます。

ビジネス男性10