主な金融商品の保護の仕組みとの関係

| 未分類 |

投資した資産がきちんと守られていないと、積極的に投資をすることはできません。そのために法律でいくつかの仕組みが設けられています。
その一つが分別管理です。これは金融商品取引法という法律によって定められているもので、投資家の資産は販売業者の資産と区別して管理しなければならないと定められています。例えば、ある証券会社で株式を購入したとしても、その株式は証券会社に存在しているのではなくて、信託銀行などに預けられることによって分別して管理されるのです。ですから、もしも証券会社が破綻したとしても、保有している株式までなくなるわけではありません。
分別管理の手続きは週1回と定められていますから、最大で1週間の間は分別されていない状態になる可能性があります。この間に破綻した場合に備えて、投資者保護基金というものが定められています。一人につき1,000万円までが保護されるとなっていますから、短期間に大きな取引をしなければ、基本的には資産は守られることになるのです。
このように、様々な仕組みがあるのですが、価格変動による損失や、為替レートの変動による損失などは対象外になります。他にも守られないものも色々ありますから、リスクをきちんと把握することは必要となってくるでしょう。

携帯電話02