金融機関破綻時の金融商品の保護について

| 未分類 |

金融商品を購入した場合には、それを金融機関に預けておくのが一般的です。ですから、もしも破綻した場合にはどうなるのかと不安に思う人もいると思いますが、これについては仕組みを把握しておくことは必要となってくるでしょう。
実際に購入する窓口は銀行や証券会社などになります。銀行や証券会社で購入した場合には、それらの資金が銀行や証券会社にいつまでもあるというのではありませんし、銀行や証券会社で管理されていない場合が多いです。たいていは信託会社が実際の資産管理を行う事になります。ですから、販売店に何かがあったとしても、資産は保護されていると言えるでしょう。販売店で購入する場合には、信託会社についても把握しておくことが必要となってきます。
株式や債券、あるいは投資信託などの証券は、このようにして分別管理をすることになります。ですから、販売店の経営資金に使われることはありません。販売店が債務超過に陥って経営破綻の状態になったとしても、資産は別で管理されていますから、保護されると考えておくのが良いです。ただ、一部のファンドなどはこれを行っていないこともあります。金融商品を購入するときには、自分の資産がどのように管理されているのかを把握しておくことは必要となってきます。

ビジネス男性11