信託

| 未分類 |

信託には運用する財産が金銭であるものと、不動産や有価証券など金銭以外であるものとがありますが、いずれの場合であっても、法律の規定に基づき、金融商品の販売窓口となっている銀行や証券会社などが持つ固有の資産とは別個に管理されることになっています。このことを「分別管理」と呼んでおり、銀行や証券会社などがもし破綻した場合であっても、預けられている顧客資産は速やかに返還される仕組みとなっています。
なお、顧客資産の円滑な返還が困難であると国が認めた場合には、証券会社などが会員となっている投資者保護基金という別の仕組みによって、顧客への支払いの補償がなされます。
また、こうした金融商品は、その運用の結果として生じた利益や損失は契約者がすべて負うのが原則ですが、一部の金融商品については、「元本補てん契約」という特別な契約により、預けた資金が減らないことを金融機関が約束する元本保証がされているものがあります。この場合は普通預金や定期預金などと同様に、預金保険制度の対象となっています。預金保険制度のもとにおいては、金融機関が破綻した場合であっても、預金保険機構が一定額の保険金を支払うことにより、契約者が保護されるようになっています。
ビジネス男性05